資料の紹介

 クラウドサービスを利用し始めるときに障壁となりやすいのは、以前から利用している独自アプリケーションや特定業務の専用端末などだ。業務内容の見直しから始めなければならない組織もあるだろう。既にクラウドを活用している組織でも、従来のオンプレミス環境を部分的に残していることが多い。

 クラウドの利用は、業務内容やコストとのバランスが取れたサービスを選ぶことが重要になる。一方で、クラウドのメリットを十分に享受できるように、組織を変えていくことも必要だ。

 本資料は、クラウドに移行する手法と「クラウド移行成熟度」について調査機関がまとめたリポートである。クラウドに移行する際、コストはもちろん、利用者にも相応の変化や対応が必要になる。ただ、どのレベルまで遂行できるかは組織によって異なる。その違いを「成熟度」として「リーダー」「フォロワー」「後発」の3グループに分類し、クラウド利用の満足度と享受できるメリットにどのような差があるのか、アンケート結果から分析する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。