資料の紹介

 オンプレミス環境にあったITシステムをクラウドへ移行する企業が増えている。クラウド移行に必要なノウハウや知見が蓄積され、ベストプラクティスと呼ぶべき成功パターンが確立されてきた。

 それが「3段階の移行プロセス」と「7つの移行パターン」である。移行プロセスには「評価」「モビライズ (動員)」「移行とモダナイズ」の3つがある。数百、数千のアプリケーションを移行する場合も、3段階でアプローチをするのが近道となる。7つの移行パターンは、クラウドに移行する方法の分類だ。どの選択肢に該当するのか意識すると、具体的な作業内容や必要なクラウドサービスを想定しやすくなる。

 本資料は、クラウド移行のベストプラクティスをまとめた貴重な資料だ。クラウド移行の計画を立てる際のガイドラインとなり、素早くビジネス価値を得るためのアプローチを解説している。担当チームに必要なトレーニングの情報、支援サービスの情報なども掲載している。現在、クラウド移行を検討しているなら、ぜひ、手元に置いておきたい必携資料だ。自社に役立つ情報が必ず見つかるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。