資料の紹介

 コンピュータ内のデータを“人質”に取って脅迫し、“身代金”を要求するなどの不正を行う「ランサムウエア」による被害が新たな広がりを見せている。例えば、新型コロナウイルスの感染拡大により急速に導入が進むテレワークの弱点を利用する攻撃が増えている。

 新たな手口も登場し、より巧妙になってきた。これまではメール経由のばらまきが中心とみられていたが、最近では法人ネットワークに直接侵入し、管理権限を奪ってより多くのマシンに感染させるといった事例が増えている。また、“身代金”の要求に加え、内部情報を暴露するといった新たな脅迫手段も見られるようになってきた。

 本資料では、ランサムウエアの最近の動向と、新たな手口を踏まえた注意点、および対策について提言している。脆弱性に対する修正プログラムの適用はもちろん、端末からサーバー、ネットワーク、クラウドに至るまで、複数のプラットフォームを横断した多層防御の必要性についても説明している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。