資料の紹介

 コモディティー化してしまった製品やサービスにてこ入れし、もう一度売れるものにするには、どこをどう改善すればよいのか。課題解決に向けて、顧客体験(Customer Experience:CX)の向上に取り組む企業が増えている。

 顧客データを分析し、現状を理解して、顧客体験向上のための施策を打ち出せれば、それが新たな製品やサービスになる。そのためにはデータを適切に収集し、蓄積できる手段が必要となる。また、収集したデータをただ活用するのではなく、顧客体験の向上を企業と顧客の両方が継続して実感できるものにしていくことが望ましい。

 本資料では、顧客理解を深め、顧客体験をさらに向上させるために必要なデータドリブンのマーケティング手法について解説する。顧客を理解するためには、収集する顧客データや、その活用方法を見直し、顧客が好んで参加するコミュニケーション手段を提供することが有効だ。こうした活動につながるアプリケーション導入やモバイルマーケティング情報についても紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。