資料の紹介

 クラウドやモバイルの利用拡大によって、業務システムにアクセスするユーザー、利用デバイス、アクセス経路のすべてが多様化した。さらに、テレワーク導入によって企業ネットワークの範囲は拡大する一方だ。サイバー攻撃の進化も相まって、従来の「境界防御」の考え方は通用しなくなった。

 ビデオ会議やチャット、ファイル共有などのクラウドサービスをテレワーク環境で使う場合には、VPN経由でのアクセスが推奨される。しかし現実にはモバイル端末から直接アクセスするケースが増えているため、企業には、社内のネットワーク・セキュリティを経由しないトラフィックへの対策も求められている。

 本資料では、安全なテレワークの実現に必要な最新技術についてユースケースと事例を交えて解説。そのうえで、「知識情報」「所持情報」「生体情報」を複数組み合わせる多要素認証を簡単に導入できるソリューションと、VPNを使わないネットワークアクセスの安全性を確保するクラウド型ゲートウエイサービスを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。