資料の紹介

 新型コロナウイルス感染症への対応としてテレワークへの移行が進む中で、コロナ禍に便乗した新たなサイバー攻撃が増えている。コロナ騒動につけ込むマルウエア拡散とフィッシング攻撃をはじめ、コロナ関連の調査や作業に従事する組織を狙った標的型攻撃、詐欺やデマ情報などが既に報じられている。

 コロナ対策に限らず、人々の働く場所が多様化してデバイスやアプリケーション、データが分散し、攻撃対象が増えるにつれて、従来のような「ネットワークの境界を防御する」セキュリティ対策は通用しなくなりつつある。ユーザー視点でエンドポイントのセキュリティを強化し、脆弱性を防ぐことが急務となった。

 本資料では、コロナ禍における新たなセキュリティ対策の手段として、多要素認証ソリューションおよび、VPNを使わずに安全なインターネットアクセスを実現するソリューションを紹介する。クラウドファーストがさらに進むにつれ、組織に属する人とデバイス、データを可視化し制御することがますます重要になるだろう。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。