資料の紹介

 働き方改革に加え、新型コロナのパンデミックや自然災害に対応するためのBCP(事業継続計画)対策の必要性が急速に高まる中、多くの企業でリモートワークやWeb会議の利用が定着しつつある。しかし、多数のユーザーが一斉にVPN接続をすることにより企業側のインターネット回線がひっ迫し、帯域が不足するという問題が表面化している。この問題はますます深刻になっていくだろう。

 特に帯域不足が顕著なのは、ベストエフォート型ネットワークの利用企業である。多くの企業からアクセスが集中するビジネス・コアタイムは「帯域の取り合い」状態になり遅延が発生しやすくなる。だが、解決策をベンダーに求めても、ベストエフォートである以上、即効性のある対策は望めない。社員の生産性を落とす帯域不足を解消するには、帯域保証型のインターネット接続サービスを選ぶことが肝要だ。

 本動画では、帯域保証型インターネットの効果をさらに高めるルーティング技術として、通信経路を自動で最適化する「最適経路選択(インテリジェント・ルーティング)」の機能を、アニメーションで分かりやすく見せている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。