資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけとして、企業での働き方が大きく見直され始めた。オフィス内での「3密」を避けるためにも、従業員が場所に縛られずに働ける勤務形態へのシフト、そして、社内と変わらない生産性を維持できるテレワーク環境の構築が不可欠だ。

 乳製品の製造・販売で知られる小岩井乳業は、働き方改革を推進するにあたり、モバイルPCの導入を検討した。そこで問題になったのがセキュリティである。当時の同社のセキュリティポリシーでは、紛失・盗難を考慮してPCの持ち出しに関して多くの制約を設けていた。しかし、PCを持ち出さずに済むVDI(仮想デスクトップ)は、コストや運用負荷の点から導入が難しかった。

 本資料では、小岩井乳業がユーザーの利便性とセキュリティを保ちながら、場所を問わずPCが使える環境を実現した取り組みと、その実現のために採用した仕組みを紹介する。あわせて、同社が構築した、WSUS(Windows Server Update Services)を使わずにWindows 10の大型アップデート管理を効率的に実施できる環境についても解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。