資料の紹介

 パソコンをはじめとするエンドポイントの保護は、企業のセキュリティ対策において最も重要な課題の一つだ。今後、企業情報システムのハイブリッドクラウドへの移行が進むにつれて、クラウド内のアプリケーションへアクセスするための“開始ポイント”として、エンドポイントはより一層その重要性を増していくだろう。

 パソコンを対象としたエンドポイント保護はもともと、セキュリティ業界における最も伝統的で身近なソリューション分野の一つだった。だが、近年の業務現場では、パソコンとモバイル端末を連携させて活用する場面が増えている。それに伴い多くの企業で問題になってきたのが、パソコンとモバイル端末の管理業務が分離しているために、コミュニケーションや予算などにギャップが生じていることだ。

 本資料では、パソコンやサーバーといった“伝統的な”デバイス向けのエンドポイントセキュリティと、“新参組”のモバイル端末向けセキュリティの管理を統合することを提案している。共通プラットフォームの運用のほか、セキュリティ面および財務面での利点について解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。