資料の紹介

 児童・生徒に向け1人1台の学習用パソコンや高速ネットワーク環境を整備し、一人ひとりの資質や能力を最大限に引き出す教育環境を構築することを目指す「GIGAスクール構想」。2019年末に文部科学省が5カ年計画として打ち出したこの計画は、新型コロナウイルス感染拡大による教育現場のオンライン化を支援する形で、日程前倒しも発表されている。

 GIGAスクール構想の実現にあたっては、全国の教育現場で端末を選定、導入し、有効活用に向け検討を進める必要がある。現場の教師や児童生徒が、毎日安心して使える端末は、多少手荒に扱っても壊れない丈夫なものでなければならない。また、教師が端末の運用管理やメンテナンスに時間を取られないことも重要だ。万一故障した場合にも、データをクラウドに安全に保管され、授業に大きな支障を及ぼさないといった配慮も必要となる。

 本動画では、GIGAスクール構想を支援する端末選定とその有効活用について、3つの観点から解説する。学校の方針や理念に沿った環境構築が可能か。教育現場に必要な耐久性、信頼性、サポート体制は用意されているか。様々な導入事例を紹介しながら解説を行う。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。