資料の紹介

 管理性を重視して、「業務用の端末はWindowsに統一している」という企業は多い。だがクラウド会計ソフトを手掛けるfreeeの場合、MacでもWindowsでも、従業員が仕事用のパソコンを自由に選べる。このことが業務の生産性だけでなく、従業員のモチベーションや満足度の向上につながっているという。

 とは言うものの、多くの端末を管理するIT部門や管理者の立場からすれば、社内のパソコンはWindowsに統一しておいた方が運用管理の負荷を抑えられると考えるのは当然だろう。freeeでも、運用管理の負荷抑制と、社員の選択の自由を両立するために、MacやiPadなどApple製端末の管理を効率化するため、新たなツールを検討した。

 本資料では、「MacでもWindowsでも従業員の自由」というポリシーのもと、freeeのIT部門が、混在環境を効率的に管理するためにどのような工夫をしているかについて、責任者のコメントを交えて紹介する。Macユーザー、Windowsユーザーの双方が、不慣れな操作に手間取ることなく、業務を遂行できているという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。