資料の紹介

 デジタルトランスフォーメーション(DX)に取り組んでいる企業にとって、クラウドは最も重要なテクノロジーだ。導入する企業のほとんどが俊敏性、コスト、パフォーマンス、可用性、セキュリティなど、クラウド特有のメリットをビジネスに活用しようとしている。

 ただ、多くの企業は既存のIT資産を生かしつつ、クラウドのメリットを享受しようとしている。必然的に、オンプレミス(自社所有)環境とクラウドが混在した「ハイブリッドクラウド」になる。計画的にこの姿になっているのであればいいが、野放図に拡張した結果としてこうなっているケースも少なくない。

 本資料は、ユーザー企業への調査を基にクラウド導入の実態を明らかにしている。同時に、ハイブリッドクラウドを導入しても、一貫性のある統合管理の仕組みがないと深刻な事態を招くとも警告している。具体的には、運用コストとリスクの増加、システム提供の遅延などだ。ハイブリッドクラウドの導入を進める企業は、そのメリットだけでなく、本資料が鳴らす警鐘にも注目してもらいたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。