資料の紹介

 標的型攻撃の手口は驚くほど進化している。従来、特定の企業を狙う「標的型攻撃」を行うのは、最も高度なスキルを持つサイバー犯罪者ばかりだった。ところが、現在は素人レベルのハッカーですら、攻撃ツール、スクリプト、コミュニティーの情報を活用して標的型攻撃を実施している。

 その象徴ともいえるのが、2018年初期に登場した自動攻撃ツール「AutoSploit」だ。高度な手作業を必要とする攻撃ステップの多くを自動化して、低スキルな攻撃者でも複数の段階から成る攻撃を実行できるようになった。保護されていないIoTデバイスを見つけ出し、そこからシステムに侵入する。

 サイバー犯罪者は成果を上げるためにちゅうちょなく最新テクノロジーを活用する。防御側は最新動向を押さえておかないと、意味のないセキュリティ投資をしてしまう恐れがある。本資料では、サイバー攻撃の最新事情を詳細に解説している。また、こうした悪質化するサイバー攻撃を防ぐため、AIの力を借りて攻撃者の一歩先を行く対策も紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。