資料の紹介

 Webで情報をやり取りする場面で、SSLによる暗号化を採用することは、もはや当たり前になりつつある。だがその一方で、悪意ある活動を隠蔽し企業の防御をかいくぐる手段として、攻撃者が暗号化を活用するケースも増えている。

 攻撃者は暗号化のほかにも、攻撃用データのエンコード、ファイルの圧縮とパックなど、多彩な手法を駆使して侵入しようとする。企業資産を保護するためには、暗号化あるいは難読化された脅威も検出してブロックできる手段が必要になる。

 本資料では、サイバー攻撃、特に暗号トラフィックに潜む攻撃に対する強力な防御機能を備えたクラウドベースのソリューションと、その仕組みについて説明する。ネットワークのメタデータを分析してユーザーとデバイスの動作をプロファイリングし、侵入の明確な兆候を検出するため、暗号化や難読化の手法に影響されないのが特徴だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。