資料の紹介

 大量の機器がネットワークを介してつながるIoTの時代を迎え、医療を含む様々な分野で、装置や機器類のIoT化が飛躍的に進んでいる。IoT化により、多くの企業、組織が恩恵を受けている半面、新たなサイバーセキュリティのリスクにも直面している。

 IoT機器により個人情報や機密情報がネットワーク上に送信される際に、データは暗号化などで保護されているのか。IoT機器自身には、セキュリティ上の脆弱性は存在しないのか。そもそも企業は、これらのIoT機器を、万全のセキュリティ体制が敷かれた最新のオペレーティングシステムを使って動作させているのか。もし、こうしたセキュリティに重大な問題があった場合には、企業の経営に大きな打撃を与えるだけでなく、医療現場などでは生命を脅かす状況にもなりかねない。

 本資料では、IoT機器に対するセキュリティ脅威の現状を様々な角度から調査し、報告している。さらに、こうしたリスクを軽減するための4つの対策と、長期的なセキュリティ戦略を実現するための2つの手法について、具体策を示しながら詳細に説明する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。