資料の紹介

 クラウドやモバイルコンピューティング、SD-WAN(Software Defined WAN)の導入が進むにつれ、企業や組織のセキュリティ対策は困難なものになっている。従来のセキュリティ対策技術の多くはクラウドを前提としていないため、IT部門はあらゆるアクセスポイントに個別の対策製品を導入し管理することを余儀なくされている。

 だが複数製品によるセキュリティ対策は、複雑性や管理上の負担、コスト増、不十分な保護といった問題を引き起こす。これを根本的に解決するアプローチとして近年注目されているのが、VPN装置やプロキシー、SWG(Secure Web Gateway)などを統合したクラウドサービス「SASE(サシー、Secure Access Service Edge)」だ。

 本資料では、セキュリティ管理の新たな手段「SASE」について、主要な機能や利用メリットを解説する。サービスとしてのファイアウオール(FWaaS)やSWGの機能を組み合わせることで、すべてのネットワーク活動を可視化でき、セキュリティ管理チームの増力化につながるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。