資料の紹介

 ビジネスの確実な遂行のために、セキュリティはますます重要になっている。にもかかわらず、IT業界はセキュリティ人材の不足という課題に直面している。当のセキュリティ担当者は、誤検知や精度の低いデータのせいで、単調な問題への対処に明け暮れている。

 進化著しい脅威に立ち向かうには、セキュリティ担当者に精度の高い情報とコンテキスト(アクセス時の状況)、自動化された防御ワークフローを提供して、脅威を速やかに発見し、対処できるようにする必要がある。とは言え、どこから手を付けるべきか、判断に困るケースもあるかもしれない。

 本資料では、セキュリティ担当者の多くが抱える運用管理業務の非効率性をいかにして改善するかを解説している。現状を確認するためのチェック項目や質問が収録されており、ビジネス目標達成におけるセキュリティ運用の役割のほか、人材、プロセス、可視性、接点といったセキュリティ運用の要素を理解する助けになりそうだ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。