資料の紹介

 コロナ禍でテレワークが爆発的に普及した。感染拡大を抑制したうえ時代にマッチした新しい働き方を実現できるため、今後も継続する企業が多い。一方、セキュリティ面で新たな課題が生じている。パッチ適用を徹底しづらいことだ。

 パッチ未適用のPCはサイバー攻撃に対して無防備になる。そうしたPCがイントラネットにリモート接続して、企業内にコンピュータウイルスをまん延させてしまう恐れもある。ただ、テレワークPCは社外にあり、パッチ適用を管理しきれていない場合が少なくない。BYOD(個人所有PCの業務利用)を許可している場合にはなおさらだ。

 本資料では、テレワークPCのパッチ適用を徹底する方法を解説している。Windows Updateやアプリケーションソフトの更新プログラムの適用をサーバーで集中管理し、必要に応じて自動配布する仕組みを利用する。テレワーク下でのセキュリティが気になるなら、必読の資料となる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。