資料の紹介

 仮想サーバーを運用しない「サーバーレステクノロジー」の利用が急増している。サーバー環境の運用をクラウド事業者が担当し、実際のアクセス状況に基づいて自動でリソースを割り当てる。クラウドの柔軟性と拡張性を存分に生かす「クラウドネーティブ」を体現する技術だ。

 サーバーレステクノロジーを活用すると、負荷の精緻な見積もりが不要になり、企業はより迅速にアプリケーションを提供できる。さらにコスト削減にも直結する。具体的には、アプリケーションの開発コスト、アプリケーションやインフラのメンテナンスコストを削減できる。ただ、ITインフラの利用コストは増額になる場合がある。トータルすると損得どちらなのだろうか。

 本資料では、サーバーレステクノロジーを活用したアプリケーションと、クラウドの仮想サーバー上で構築した従来型のアプリケーションを比較。総所有コストをどれだけ削減できるか解説する。コスト算出のフレームワーク(考え方)とそれを適用した事例を紹介しており、あなたの会社に置き換えて計算する重要なヒントになる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。