資料の紹介

 アプリケーションをすぐに動かせ、異なる環境にも移しやすい――。開発や運用を効率化する技術として「コンテナ」が注目を集めている。ビジネスの変化に合わせた迅速なアプリケーション開発や配信、機能のアップデートをやりやすくなるからだ。クラウドとオンプレミスをまたがって移動できる点もメリットとなる。

 コンテナは仮想化の一種で、アプリケーション、ライブラリ、動作環境などをひとまとめにして管理する。コンテナの実行環境さえあれば、オンプレミスでも異なるクラウドでもアプリケーションを動かせる。コンテナを実行・管理できるサービスは、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloud Platform(GCP)など様々なクラウドで提供されている。

 本資料は、主要クラウドベンダー7社が提供するコンテナの実行や管理を担うサービスについて、米フォレスター・リサーチが調査・比較したリポートだ。機能だけでなく、サポートやトレーニングも含めた評価となっている。コンテナを活用したアプリケーションの開発に関心のある企業・組織は、ぜひチェックしたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。