資料の紹介

 DX(デジタル変革)はあらゆる企業にメリットをもたらしうるが、DXによって新たなセキュリティ上のリスクが生まれることも事実だ。さまざまな新技術によって攻撃対象となる領域が拡大し、侵入経路が増えるからだ。

 加えて攻撃者は、クラウド、自動化、人工知能(AI)などを活用することで、手作業をほとんど必要とせずに、高度かつ大規模な攻撃を展開できるようになっている。セキュリティ対策チームは、外部の脅威を可視化すべく、脅威インテリジェンスプラットフォーム(TIP)を使っているが、サイロ化したTIPのために思うように効果を出せずにいる。

 本資料では、「脅威インテリジェンス」の現状と課題について解説したうえで、最新の攻撃への対策として拡張型SOAR(セキュリティー・オーケストレーション・オートメーション・アンド・レスポンス)プラットフォームを紹介する。脅威インテリジェンスの集約、評価、共有を融合させることで、優先すべき脅威を迅速に把握し、環境全体に適切な対策が行き渡るようにできるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。