資料の紹介

 通信における暗号化は、ビジネスの情報交換を安全かつ秘密に行うための重要な手段であり、コンプライアンスのために不可欠だ。しかし、暗号化されたトラフィックは、基本的に可視性とIDが欠如したデータであり、犯罪者たちは既に、暗号化されたトラフィック内で、セキュリティ監視からマルウエアを隠して配布する方法を学習している。

 SSLを使った正規のWebサイトでさえマルウエアに感染している可能性があり、マルウエアの配布にSaaSアプリケーションが使われることも増えている。自社のビジネスと価値あるデータをこれらの脅威から保護するためには、SSLで暗号化されたトラフィックを復号化、分類、制御、スキャニングすることがもはや不可欠と言える。

 本資料では、これからのファイアウオールに復号化が必要になる理由と、どこで複合化を行うべきか、復号化を有効にする方法などについて解説する。次世代ファイアウオールはトラフィック復号化に最適な手段だが、一見同じようにみえる複数の製品を比較するのは容易ではない。購入に先立って、評価用のガイドラインを準備することが肝要だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。