資料の紹介

 リモートアクセスVPN(仮想プライベートネットワーク)は長い間、企業のネットワークに不可欠な要素だった。しかし、クラウドアプリケーションの導入が急速に進む今、データセンター内のアプリケーションだけでなく、すべてのアプリケーションにセキュアにアクセスできる新たな方法が求められている。

 ハブアンドスポーク構成を採るリモートアクセスVPNは、データセンターのアプリケーションには最適だが、環境内にクラウドアプリケーションの組み合わせが存在すると、レスポンスの悪化やセキュリティポリシーの不徹底などを招きやすく、その優位性は崩壊してしまう。

 本資料では、クラウドが混在する環境に従来のリモートアクセスVPNアーキテクチャーがなぜ適さないのかを解説したうえで、この問題を解決するための最新アーキテクチャーを紹介する。ユーザー最寄りのクラウドゲートウェイ経由で、すべてのアプリケーションへのセキュアなアクセスを提供することで、可視性とトラフィック監視の完全性を維持できるとしている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。