資料の紹介

 現在、企業はDX(デジタルトランスフォーメーション)が強く求められている。一方で、IT部門の業務の約7割が既存システムの運用維持に割かれている。旧態依然としたシステム運用から脱却するため、システム運用をユーザーへの「サービス」と考えてプロセスを整備するITサービスマネジメント(ITSM)の実現を目指す企業が多い。

 ITSMのベストプラクティス(成功事例集)として広く知られているのが「ITIL」だ。システム運用の効率化を目指す企業の多くは、「ITIL準拠」をうたうツールを導入する。ところが、ツールを導入したのに成果が出ない、それどころか効率が悪化してしまうという企業が少なくない。「ITIL妄信のわな」に陥っているのだ。

 ITILはベストプラクティスにすぎず、他社の成功事例が自社にそのまま当てはまるとは限らない。既存の運用プロセスを生かしつつ、ITILに近づけていくほうが現実的だ。本資料では、運用プロセスを適切に改善する方法について、ツールを含めて紹介する。システム運用に課題を感じているなら、ぜひ目を通してもらいたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。