資料の紹介

 クラウドのメリットは、ビジネスの変化に合わせてリソースを迅速かつ柔軟に変えられることだ。アクセス急増に応じてCPUやメモリーを増強したり、現場の業務で必要なSaaSアプリケーションを導入したり、クラウドだと素早く簡単に実現できる。

 ただし、デメリットもある。コストの把握・予想が難しいのだ。実際、クラウドの活用を始めた企業が、請求書が届いて初めて金額を知り、想定外の高さに驚くケースは少なくない。しかも、それがビジネス上必須なサービスを動かした結果なのか、エンジニアが仮想マシンを止め忘れた結果なのかが分からない。こうした問題は、企業がクラウド移行を進めるほど深刻になる。

 本資料では、クラウドのコストを把握して最適化する様々な方法を解説する。クラウドのコストを把握するための組織作り、ツールの活用、仮想マシン/ストレージ/ネットワーク費用の最適化、データ分析の費用最適化など、「クラウド費用最適化」の総合解説書となっている。クラウド活用を進める企業が必ず直面する問題の解決策を、ぜひ身に付けておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。