資料の紹介

 クラウドへの移行を進める企業が増えている。新しいデジタル技術の活用、運用コストの削減、ITインフラの拡張性向上など、狙いは企業ごとに様々だ。クラウド移行では技術面に注意が向きがちだが、技術に劣らず重要な領域がある。クラウドを利用する「人」や「組織」だ。

 クラウドの価値を引き出すには、従業員がクラウドを使い、有効活用する方法を理解し、以前とは異なる方法で業務を行う能力を持つことが求められる。これは放っておいて身につくものではない。人と組織の変革を推進する「チェンジマネジメント」が不可欠だ。

 本資料では、人と組織の観点から、クラウド導入を成功に導くフレームワークを提示する。「クラウド成熟度スケール」で自社の現在位置を把握し、成熟度に応じた取り組みを実践する流れだ。組織を変革するチェンジマネジメントのガイドとして、ぜひ活用したい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。