資料の紹介

 セキュリティ運用には高度なスキルを持つ専門家が必要であり、ほとんどの企業が効率的な運用体制を構築するのに苦労しているのが実情だ。高度化し、急増するセキュリティ脅威に対応し続けるための手段として注目されているのが、MDR(Managed Detection and Response)サービスだ。

 MDRサービスは、外部委託型のセキュリティ運用サービスであり、利用企業内のセキュリティチームのいわば“拡張機能”として働く。アナリストによる手動調査、攻撃の痕跡を探す「脅威ハンティング」、リアルタイム監視、インシデント対応などを組み合わせて脅威に対処する。ただし、サービスによってカバー範囲が異なるため、自社のニーズにあったものを選ぶことが肝要だ。

 本資料では、MDRサービスによって得られるメリットや、MDRサービスを選択する際に理解しておきたいポイントなどについて解説したうえで、具体的なサービスを紹介する。調査会社のGartnerは、2025年までに、組織の約50%がMDRサービスを利用するようになると予測している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。