資料の紹介

 社内施設への入退室管理から、自社ネットワーク環境と外部ネットワークとの間に境界線を設けて保護する境界セキュリティまで、企業のセキュリティ部門は様々なアクセス制御システムを構築して、社内の設備、資産の管理・保護を行っている。

 しかし、そうした制御インフラも、導入から年数がたてば技術の老朽化が進み、システムの脆弱性は高まる。一方で、セキュリティ上の脅威はますます多様化、深刻化してきている。企業のセキュリティ部門は、現在、社内で使用している技術の脆弱性を認識し、より堅固なシステムに移行するための準備として、最新のセキュリティ情報とその動向を把握しておく必要がある。

 本資料では、世界中の企業が導入している入退室管理・アクセス制御技術とその利用状況、更新計画などを調査。その結果を基に、世界のセキュリティ対応動向について報告する。この資料を読むことで、セキュリティ対策について、実態と課題を踏まえた強化ポイントを押さえることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。