資料の紹介

 アプリケーションコンポーネントとその依存関係を、多様な環境で実行できる単一のオブジェクトにパッケージ化する「コンテナ」の普及が進んでいる。標準化された一連のコードをブロックのように再利用できるため、開発効率が向上するほか、オンプレミスアプリケーションのコードを変更することなくクラウドに移行できるからだ。

 しかし稼働するコンテナ数が増すにつれて、運用担当者によるコンテナの追跡が困難になり、管理の負担が増す、という問題が生じている。そこで注目されているのが、多数のコンテナを調和させて連携し、運用上の負担を軽減する「コンテナオーケストレーション」である。

 本資料では、グーグルが開発し、現在はCloud Native Computing Foundationが管理するオープンソースのコンテナオーケストレーションプラットフォーム「Kubernetes」を、企業が利用するにあたっての戦略について解説する。Kubernetesにより、複数のホストにまたがるクラスタへのアプリケーションコンテナの展開、スケーリング、各種の管理操作を自動化できる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。