資料の紹介

 企業では、新しいシステムを構築する際にまずクラウドでの稼働を検討する「クラウドファースト」が当たり前になっている。加えて、既存のオンプレミス環境にあるシステムをクラウドに移行する企業も増えている。背景には、仮想マシンをそのままクラウドに移せる仕組みの登場がある。

 この仕組みを使えば、既存の運用プロセスやツール、エンジニアのスキルを生かしたまま、既存で運用しているVMware vSphereのような仮想化プラットフォームをクラウドに移行できる。移行のハードルが大幅に下がる結果、運用コストの削減、可用性の強化、運用の簡略化、最新テクノロジーの活用といったクラウドのメリットを容易に享受できる。例えば、一般的なユースケースでは運用コストを51%削減できるという。

 本資料では、仮想化環境のクラウド移行に関する最新情報を整理している。さらにオンプレミスとクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウドについても解説している。オンプレミス環境にある仮想マシンのクラウド移行を検討しているなら、ぜひ目を通しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。