資料の紹介

 コロナ禍によりニューノーマル時代が突如到来、テレワークの導入/定着に向けた企業の取り組みが急速に進んでいる。特に、オフィスのパソコンのデスクトップ環境やアプリケーションを自宅などから利用できる仮想デスクトップは、いつでもどこでも同じ環境で作業できることが評価され、導入を検討する企業が多い。

 その代表的な実装方法がVDI(Virtual Desktop Infrastructure)である。だが、オンプレミス環境だと複雑なインフラを構築・維持することになり、コストも運用負荷も膨らむうえに、増設にも時間がかかりがちだ。そこで今、注目されているのが、クラウド上のデスクトップ仮想化環境をサービスとして提供するDaaS(Desktop as a Service)である。

 本資料では、従来のVDIとDaaSの違いを述べた後、大手パブリッククラウドベンダーが自身のクラウド上で提供するDaaSサービスについて、概要と特徴を紹介。さらに、1台の仮想PCから複数のユーザーにサービスを提供する構成によるコスト削減など、利用メリットについても解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。