資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染が再拡大するなか、急務となっているのがテレワークへの対応だ。だが、在宅勤務用のパソコンを用意できない、情報漏洩が不安、といった理由で対応が遅れている企業は少なくない。中には、デスクトップ仮想化を検討しているものの、初期投資や運用負荷を考え躊躇(ちゅうちょ)している企業もあるだろう。

 そうした企業にとって有力な選択肢となるのが、デスクトップ仮想化の仕組みをクラウド上で提供する、DaaS(Desktop as a Service)である。導入にかかるコストと時間を節約できるほか、IT管理者の負担を軽減でき、セキュリティ対策もプロバイダーに任せられる。

 本資料では、大手パブリッククラウドベンダーが自社クラウド上で提供する仮想デスクトップサービスについて、その特徴と導入メリットを紹介する。100人での利用を想定した2つの見積もり例を収録しており、同じ規模でも設定次第でコストを削減できることが分かる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。