資料の紹介

 5G(第5世代移動通信システム)の実用化により、消費者と企業の双方に新しい扉が開かれようとしている。ただし、5G対応のサービスとアプリケーションの多くは、超低遅延と高速・大容量を前提としており、ユーザーがその恩恵を享受するためには、基地局などのエッジのインフラをこれらに対応させる必要がある。

 だが、現在の従来型エッジには、5Gのメリットを生かすための機能が備わっていない。エッジで使われている機器のほとんどは、5Gのパフォーマンス要件を満たすことができず、インフラストラクチャは柔軟性と拡張性に欠け、運用にもコストがかかる。

 本資料では、5G対応にあたって従来型のエッジが抱える課題を解消し、5Gに最適化したエッジインフラを実現する通信事業者向けの最新ソリューションを紹介する。最初に、通信事業者のエッジにおけるベストプラクティスと考慮すべき事項を整理し、その上で、同ソリューションが通信事業者のニーズをどのように満たすかを解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。