資料の紹介

 営業などの目的で会社が保有する社用車。どの会社でも数台は保有している社用車の管理体制、リスクマネジメントは万全だろうか。めったにないこととはいえ、交通事故に直面した場合の対策は万全だと答えられる企業はどのくらいあるだろうか。

 社用車が事故に遭った場合のリスクとして、まず考えられるのが、損害賠償や修理にかかる費用だ。事故後には保険料も高騰する。何より企業の信用自体も失いかねない。こうしたリスクを避けるためには、日ごろから車両事故の防止、削減に向けた対策を講じておく必要があるが、まず、どこから手をつければよいのだろうか。

 本資料では、社用車の車両事故のリスクを最小化する手段として、車両の稼働状況や運転状況を可視化する車両管理サービスを紹介する。これまで社用車管理担当者が1台1台手動で管理してきた情報を自動的に整理し、可視化するツールを活用することで、万全なリスクマネジメント環境を構築すると同時に、管理担当者の負担も軽減することができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。