資料の紹介

 一定台数の社用車を保有する企業には、安全運転管理者の選定が法律で義務付けられている。安全運転管理者になると、社用車の安全運転を確保するために必要な各種業務を行う必要がある。その中には、運転者に対する安全教育も含まれる。

 それでは、安全運転確保のための教育とは、どのようなものなのだろうか。運転者が引き起こす事故には様々な原因があることから、事故防止を図ろうにも有効な指導法が分からないという声も現場ではよく聞かれる。

 本資料では、安全運転管理者に求められる基礎知識から、事故防止・削減につながる安全運転指導法までを解説する。これを読むことで、安全運転管理者に必要な一連の情報が得られる。後半では、これまで安全運転管理者や社用車管理担当者に一任されていた社用車管理業務や安全管理業務の一部を自動化、可視化することでその負担を軽減する、安全運転管理サポートツールについても紹介している。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。