資料の紹介

 サイバー犯罪は急増しており、今日の企業にもたらす脅威は深刻なものになっている。今日のビジネスにとって、不完全なセキュリティとデータ侵害は最大の脅威の1つであり、ITシステムの選択や、サービスやメンテナンスの契約、そしてとりわけシステムインテグレーター(SIer)の選択にあたっては、慎重に判断する必要がある。

 裏返せば、SIerにとっては、セキュリティリスクに関するサポートや、分散の進むハードウエアの管理に関して、魅力的な提案ができれば、受注機会の拡大につながる可能性が高い。サイバー犯罪者の脅威に対する的確なセキュリティ戦略を示すことは、競合他社と一線を画し、サービス保守契約などの獲得につながるだろう。

 本資料では、サイバーセキュリティに関する最近の動向を概説したのち、顧客に納入した成果物のセキュリティに責任をもつことの重要性と、セキュリティ戦略において顧客に信頼されるパートナーになるためにSIerが今すべきことを解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。