資料の紹介

 多くの企業が生き残りをかけてデジタル変革(DX)を加速させる中で、ITプラットフォームの選択が極めて重要になっている。特にカギとなるのがクラウドの活用だ。クラウドはインフラに巨額の初期投資が必要ないことに加え、ビッグデータ分析、AI(人工知能)、IoT(モノのインターネット)などの新技術とも相性がよいからだ。

 だが、独自のITシステムを作り込むことを常としてきた日本企業にとって、オンプレミスからクラウドへの移行は一筋縄ではいかない作業となる。既存のIT資産を有効活用すると共に、デジタル技術を生かした新規事業やサービスを開発するためには、新旧をうまく融合させたアーキテクチャーへとITインフラを進化させていく必要がある。

 本資料では、企業のITプラットフォームが満たすべき4つの要件について考察した後、クラウド化の入り口と進め方、およびクラウド活用における3つの注意点について解説する。基幹システムを含めてすべてをクラウドに移行するのは非常に難しく、現実的ではない。ハイブリッドクラウドの活用が課題解決のカギとなる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。