資料の紹介

 新型コロナ禍は様々な常識を変えた。セキュリティ対策もその一つだ。従来は「外部は悪」「内部は安全」と考えて、インターネットとの境界にファイアウオールやIPS/IDS、ウイルス対策ゲートウエイなどを多層で実装してきた。だが社内、社外を区別して社内だけを守る考え方は限界を迎えている。

 昨今、ネットワークやデータを置く場所、ユーザーの使い方、利用するデバイスなどの多様化が加速している。データをクラウドに上げ、ユーザーは社外からテレワークをするという利用シーンも増えた。こうした環境で求められるセキュリティ対策が「ゼロトラスト」だ。デバイスも人もすべてを信頼できないという前提で、常に信頼性を検証し続ける考え方である。

 本資料は、企業がゼロトラストのセキュリティ対策を講じるために必要な取り組みを解説している。ゼロトラストの考え方を分かりやすく図解したうえで、必要なテクノロジー、運用、人材など全体像を示す。ゼロトラストが気になる、ニューノーマルのセキュリティ対策の概略を知りたいという人にはうってつけの資料だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。