資料の紹介

 スマホで商品を注文して、受け取りは自分の都合の良い時間に店舗へ行けばいい。このようにオンラインと実店舗をシームレスに利用できる「オムニチャネル」は、ブランドの売り上げ拡大に欠かせない仕組みとなっている。ユーザーにとっては、ネットで見た商品の実物を確認した上で購入できる。また、「せっかく店舗へ足を運んだのに在庫がなかった」という労力の無駄もなくなる。企業にとっては、余剰在庫や機会損失のリスクを最小限に抑えられたり、ユーザーとのコミュニケーションを密にできたりするというメリットがある。

 では、実際に自社でオムニチャネルを構築することになった時、何から着手し、どのような工程で進めれば良いのだろうか。

 本資料は、オムニチャネル構築を任された担当者に向けて、実現までの工程を6ステップで解説する。「人材確保とチームづくり」に始まり、「チャネル間のサービスを同期」「物流改革と関連部署との共創」など、ステップごとにやるべきことをまとめている。また、オムニチャネルで活用できる、プッシュ通知やクーポン表示など多彩な機能を持ったスマホ向けアプリについても解説する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。