資料の紹介

 新型コロナウイルスの感染拡大により、企業の活動はオンラインへシフトしている。リモートワークが拡大し、商談も会議もオンラインで行う機会が増えてきた。

 人と人とが直接会うコミュニケーションが減ると、情報共有がしにくくなるという弊害も起きてくる。人脈に関する情報もその1つだ。従来のオフラインに加え、オンラインの出会いが活性化する。今後はオン・オフ両方の出会いをビジネスチャンスへつなげていく必要がある。

 本資料では、ニューノーマル時代の人脈資産の蓄積や活用のポイントについて、人材開発論・組織開発論の専門家である立教大学経営学部教授の中原淳氏が解説する。名刺情報をはじめとした顧客情報を活用するソリューションについても紹介する。例えばコロナ禍によって名刺交換の機会が減少し、名刺情報をデータでやり取りする機会が増えている。この「オンライン名刺」は、ビジネス上の接点情報を正確に蓄積できる上に、データベース化が簡単で、部門を越えて社内の人脈を可視化・共有できる利点があるという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。