資料の紹介

 日本マクドナルドは、セキュリティ対策強化のため、本社オフィスおよび店舗で利用する約6600台のパソコンに、EDR(Endpoint Detection and Response)ソフトおよびマネージドセキュリティサービスを導入。メールを介した攻撃や未知のマルウエアを早期に検知して被害を未然に防ぐなどの成果をあげている。

 同社は以前からセキュリティ対策として、ファイアウオールや不正侵入検知・防止システム(IDS/IPS)といった入口対策、エンドポイント向けアンチウイルスソフトを導入していた。だが、高度なサイバー攻撃の被害を防ぐには、既存の入口対策をすり抜ける脅威も検知し、ネットワーク内部にあるリスクを可視化する必要があると判断した。

 本資料では、日本マクドナルドがEDR導入に至った経緯や製品選択のポイント、導入効果などについて説明する。エージェントソフトを導入する際にパソコンの再起動が必要なく、ネットワークを介したサイレントインストールが可能なため、導入にあたってユーザーへの影響は一切なかったという。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。