資料の紹介

 セキュリティベンダーのトレンドマイクロは、新型コロナウイルスの感染拡大に際し、2020年4月に全社的なテレワークの導入に踏み切った。導入に当たっては、VPNの増強、VDI(仮想デスクトップインフラ)の利用ルール変更をはじめとする対策を実施。ガイドラインを随時変更しながら、安全・安心なテレワーク環境を維持している。

 以前からテレワーク環境を用意していた同社だが、今回は、全社員が在宅勤務できる体制を整えるため、セキュリティ面の強化も求められた。VPNでアクセスする社員にはエンドポイント対策、VDIを使う社員にはサーバー側の対策が重要になるほか、ゲートウエイ対策も強化するなど、多面的なリスク低減策を講じる必要があった。

 本資料では、トレンドマイクロが「全社員が原則在宅勤務」という新たな働き方をセキュリティ面から支える仕組みとして、新たに適用した3つのソリューション、およびその導入効果を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。