資料の紹介

 昨今、非対面での確実なコミュニケーションの重要性が高まっている。その一方で、電話や郵送、メールといった従来手段の課題が浮き彫りになっている。電話は出てもらえない可能性があり、郵送は届くまでに時間がかかり、メールはアドレスの入手が難しく、メルマガなどに埋もれて閲覧してもらえない可能性がある。

 そこで注目したいのが、携帯電話の「SMS(ショートメッセージサービス)」だ。アプリが不要で到達率は96%以上と高い。二要素認証で目にする機会が多いが、それ以外の用途にも広がっている。安価で確実に届けられるメリットに着目して、面接の予約リマインドや督促、コールセンターでの顧客フォローなどに活用する企業が出てきているのだ。

 本資料では、SMSを社外とのコミュニケーションに活用する企業の事例を詳しく解説している。合わせて、ブラウザーから文面を入稿したり、APIを使って自社システムと連携して自動送信したりできるサービスを紹介する。非対面コミュニケーションを改善したいIT部門や、そうした方法を提案したいSIベンダーは必読だ。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。