資料の紹介

 社内向けはGoogle Cloud Platform、顧客向けはAmazon Web Services(AWS)、というように、用途に応じて複数のパブリッククラウドを使い分けるマルチクラウド戦略を採用する企業が増えている。適材適所で使い分けることで、信頼性や柔軟性を向上できることに加え、コスト削減やパフォーマンスの最適化が可能になるからだ。

 だが、マルチクラウドには多くの利点がある一方、看過できない課題もある。まず、システムが「サイロ化」することで、システム障害やセキュリティ侵害が発生した際に、発生場所や原因の特定に多くの時間とコストがかかる。また、可視性が低下することでデータガバナンスやコンプライアンスの問題も発生しやすくなる。

 本資料ではまず、マルチクラウド環境が引き起こすサイロ化や可視性の低下といった問題について解説。さらに解決策として、マルチクラウド環境全体の監視とトラブル対応を一元化する方法を紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。