資料の紹介

 最近のGartnerの調査によると、パブリッククラウドを導入している組織の81%は、複数のパブリッククラウドを利用する「マルチクラウド」を選択している。さらに、企業はパブリッククラウドとプライベートクラウドのバランスを重視しており、時代は「ハイブリッドマルチクラウド」へと移行しつつあることが分かる。

 ハイブリッドマルチクラウドの実装を計画する際には、包括的なクラウド管理戦略が重要であり、特にクラウドのコストやガバナンスをいかにして全体最適なものにするかが鍵となる。自社のプラットフォームとクラウドプロバイダー、双方の長所を十分生かせる相互接続性の確立が必要だ。

 本資料は、安全で信頼性の高いハイブリッドマルチクラウド環境の実装を計画するための要点をまとめた実践ガイドである。ハイブリッドマルチクラウド導入の契機となる要因やユースケースを解説した後、リファレンスとなるアーキテクチャーを挙げ、そこに至るロードマップとソリューションを紹介する。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。