資料の紹介

 仮想化技術の一種である「コンテナ」は、2013年に概念が広く知られるようになり、そこから関連テクノロジーが急速に進化した。現在では、多くの企業がコンテナを採用している。この傾向は今後も継続しそうだ。コンテナが、アプリケーション開発の柔軟性と効率を飛躍的に高める技術だからだ。

 コンテナを使うと、アプリケーションを仮想的な“箱”に閉じ込めて、実行環境から分離できる。このため、環境に依存することなくアプリケーションを高速に起動できる。開発と運用が一体となって短いサイクルでアプリケーションを開発・更新する「DevOps」にも適している。ただし、課題もある。環境間を容易に移動できるので、管理が煩雑になることだ。コンテナの状態を可視化して、常に監視することが重要になる。

 本資料は、注目のテクノロジーであるコンテナの入門ガイドだ。ノード、マスターノード、クラスター、ポッドなどの基本用語の意味から、コンテナ活用に欠かせない「Kubernetes」の利用方法までを、エンジニアではない一般ユーザーにも分かりやすく説明している。コンテナの基本を確認する基礎資料として一読しておきたい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。