資料の紹介

 サイバー攻撃がますます高度になるとともに、クラウドの普及によって攻撃の標的は拡大しつつある。従来のセキュリティ製品/サービスは、単独の攻撃や異常行動を検出・記録することはできても、今日最も深刻な脅威となっている、複数のシステムをまたいで実行される分散型攻撃の検出は困難な場合が多い。

 こうした脅威への対策として導入が進んでいるのが、すべてのセキュリティ関連イベントをリアルタイムで集積し一元的に管理する「SIEM(セキュリティ情報イベント管理)」だ。しかし、クラウド型のSIEMについてはいまだに、クラウドのセキュリティと信頼性を疑問視して選択肢から外す企業も少なくない。

 そこで本資料では、最新のサイバー脅威およびSIEMの仕組みを概説したのち、クラウド型SIEMソリューションのメリットを、海外での導入事例を交え紹介する。オンプレミスおよびクラウド環境のデータを柔軟に利用できること、システムのクラウド移行を進める際、他のシステムとの連携が容易になること、などを挙げている。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。