資料の紹介

 サイバー攻撃が高度化し、ランサムウエアが進化するにつれ、データ保護に関する企業の責任は一層重いものになっていく。ところが、脅威が拡大し、企業がますます大きなリスクにさらされているにもかかわらず、IT部門の予算や要員が増えているわけではない。

 米国企業による2020年の報告では、クラウドサービスへの攻撃は2倍以上に増えており、データ侵害事例で発生したインシデントで最も多いのは、ランサムウエアによる身代金要求だったという。組織はデータを保持し、リスクを軽減するためにどのような対策をとればよいのだろうか?

 本資料では、企業や組織のセキュリティ対策に関わる996人を対象に、データセキュリティの現状や、対応方針、実際の行動について尋ねたアンケートの結果を紹介する。さらに、テクノロジーの傾向や、侵害のリスクおよび規制によって、組織のデータを保存および保護する方法がどのように具現化されつつあるかについて述べる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。