資料の紹介

 顧客から企業への問い合わせを、電話やメールではなくチャットで行うチャットサポート。これを自動返答で行うチャットボット。これらのサービスを導入することで、企業と顧客のリアルタイムのやり取りが可能になる。しかも、その内容を文字に残すことができる。

 チャットサポートやチャットボットは、海外では既にBtoB、BtoCにおけるコミュニケーションのメインツールとして数多くの企業が導入している。早期からこうしたサービスを提供している海外企業の調査では、顧客満足度が向上し、商品の購入数やリピート率も増加、収益も上がるという結果が得られている。しかし、日本企業への普及は進んでいない。導入の壁はどこにあり、どうすればスムーズに導入できるのか。

 本資料は、チャットサポートの導入に向けたガイドブックである。ツールの選定から、チャットボットも活用したサービスの構築方法、顧客満足度を向上するためのテクニックまでを紹介している。問い合わせ対応の70%を自動化できるチャットボットの作成方法や、AI(人工知能)との連携方法など、最新のチャットサービスの実現に向けた情報も得ることができる。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。