資料の紹介

 企業は絶えずサイバー攻撃にさらされている。ある調査によると、セキュリティリスクが高まっているとするビジネスリーダーは70%近くに及ぶ。脅威を早期に検知し、インシデントの予兆があれば封じ込める対策の必要性は日に日に高まっている。

 その具体策となるのが、24時間365日体制でセキュリティの専門家が監視・運用する「SOC(セキュリティ・オペレーション・センター)」だ。ただ、SOCには大きなコストがかかる。自前で構築するなら、専門家、ツール、トレーニングなどを準備・維持しなければならない。外部のマネージドサービスを利用するなら、初期費用や年額費用を支払う必要がある。

 本資料は、SOCを自前で構築する場合とマネージドサービスを利用する場合を比較しながら、課題と解決策、必要なコストを明らかにする。コストは構成要素と具体的な数字を試算し、「基本」「標準」「高度」の3つのパターンで自前と外部に任せる場合を比較する。SOCの必要性は分かっていても、コストの観点から尻込みしていた企業はぜひチェックしてほしい。

この先は日経クロステック Active会員の登録が必要です

日経クロステック Activeは、IT/製造/建設各分野にかかわる企業向け製品・サービスについて、選択や導入を支援する情報サイトです。製品・サービス情報、導入事例などのコンテンツを多数掲載しています。初めてご覧になる際には、会員登録(無料)をお願いいたします。